FC2ブログ

麺屋やま昇@名古屋市西区

yamasho endoji 001
今日のランチは、名古屋市の商店街「円頓寺」の一角にある「やま昇」さんへ。
江川線交差点という好立地もあって、14時近いというのに満席の中、運良く空いたカウンター席へ滑り込む。

スマホを買い替えて初めての食べある記、純正カメラの音を消すアプリ(350円!)も購入して、万全の態勢で臨む。


yamasho endoji 002
トッピングの「炙りチャーシュー」が半額だというではないか、食べない手はない。

スマホカメラ、ピント合わせが前のより幾分早くなっている。これはいい。


yamasho endoji 003
慣れないお店での券売機は、食べたいものが決まっていても、どこを押していいのかに困惑する。
後列の視線を感じるような気がして、油そばが食べたかったのに、定番のつけ麺に着地する。

やはり暗いところではピント合わせに時間がかかる。折角のシャッターチャンスをやらかしてしまった。


yamasho endoji 004
つけ麺(830円)+麺大盛り無料+炙りチャーシュー(今日は半額で150円)
豚骨と魚介系の効いたつけ麺は、もちもちの太麺によくマッチしている。魚粉を増すと更に好みに。
ラストはカウンターに用意してあるスープでスープ割りもできる。

Autoで撮影してみたけど、ちょっと黄味が強い写真になった。
以前訪店した時の写真の方が、色味がより本物に近い = 写真は コチラ

新しい店も増え、活気あふれる円頓寺界隈の散策の折には、美味しいラーメンはいかがですか?

麺屋 やま昇 ★★★★☆
名古屋市西区那古野1丁目13-12
TEL:052-563-3323

ブログランキング・にほんブログ村へ

tag : 名古屋 ラーメン ランチ

SHARP AQUOS sense2 SH-M08 (SIM Free) 買ってみた

今使っているスマホも3年を超え、だんだんと充電池が弱ってきた。
それにもまして、アプリの起動時間が遅くなっており、LINEなどは、タップして操作できるまでに7~8秒ほどかかる。
もちろん他のアプリももっさりと動作して、ストレスの元になっている。
やはり、傷が全くない上物とは言え、通常使用に耐えられないとなると、機種変更したくなる。

今までのスマホの紹介は コチラ


SHARP SENSE2 002
そこへ来てSIMカードを契約している「IIJmio」から、お値打ちな端末が出ているとの情報。
ハイスペックなスマホは不要、オジさんには普及機で十分だ。
ドコモやUQモバイルからも、同型のスマホが出ているので、早速その店頭で実機を確認。
値段もキャンペーン中の5,000円プレゼントに惹かれて買い替えに踏み切った。


SHARP SENSE2 003
カミさんも同じくらい古いので、色違いで2台購入。
(29,800円-5,000円)×2台 と、キャリヤのポイント割引などは皆無なので、ダイレクトに財布に響く(痛)
注文して3日ほどで到着。在庫はたっぷりあるようだ。

Huawei の「P20lite」も良かったんだけど、昨今のゴタゴタでイメージ悪いからなぁ…。
今回は日本のメーカーで…、と思ったら、SHARPも今は鴻海精密工業(台湾)の傘下でした。


SHARP SENSE2 004
ほどなくして、周辺パーツも到着。
充電端子が、microUSB から USB-typeC へと変更になる為、やはりそれなりに準備が必要となる。
Nintendo Switchをはじめとするゲーム機器の普及で、USB-typeC が増えたとは言え、完全に切り替えると何かと困る。
暫くの間は、双方に対応させるため、充電周りは結構騒がしい。


SHARP SENSE2 005
docomo(SH-01L)、au(SHV43)、MVNO(SH-M08)
キャリヤが違っても、若干電波仕様に違いがあるものの、カメラ穴やセンサー穴などの外見に違いはない。
購入したIIJmio(MVNO)については、ACアダプターなどの付属品は同梱されるが、他キャリヤは付属品なしで本体のみ、という、なかなか男らしいところもあるようだ。


SHARP SENSE2 001
今回は(元)日本企業らしく、ガラパゴスの象徴「おサイフケータイ」が付いている。
実はこの機能が、機種選定の決め手でした。
「おサイフPonta」と「楽天EDY」、どうしてもプラスチックカードなしで使いたかったんですよね~。
「suica」も使えますので、東日本地域の方は、もっと便利なはずですよ。
※私の交通系はmanacaなのでポイントを考慮するとsuicaに移行できません…。

日々進化するスマホと、日々退化していく使い手。
マナーモードの細かい設定ができなくて、もうつまづいています。
全ての通知に於いてバイブ動作、ただし音声着信のみ音+バイブ動作、という設定にしたいだけなのですが、いまだ出来ず(難)
ちなみに前記のLINEは2~3秒で立ち上がるようになり、快適そのものです。

やはり新しいスマホは気持ちの良いものですね。

IIJmio
SHARP AQUOS sense2

ブログランキング・にほんブログ村へ

味噌煮込うどん 山本屋 町田@名古屋市中区

misonikomi machida 001
北風の舞う中、今日のランチは名古屋名物の味噌煮込うどんを求めて、こちらのお店へ。
名古屋市中区丸の内の、味噌煮込みの専門店「山本屋 町田」さんへ。

山本屋?

そう、名古屋で知らない人はいないという、山本屋本店と山本屋総本家の流れを汲む、あの山本屋さんです。

名古屋大須で創業者の町田氏が、大正14年現在の山本屋総本家島本氏に「山本にこみ」を売却。
その後、袂を分かち、山本屋総本家は昭和24年、山本屋本店は昭和27年に、双方が主流として引き継ぎ現在に至っているようです。
そしてここ山本屋町田さんは、創業者の子孫の方で2010年に開業、本物の血筋が守る味噌見込みうどんなのです。


misonikomi machida 002
ランチタイムはランチメニューとなっており、ご飯・サラダ・新香が付いてきます。
なんと言っても、お値打ち!
他の山本屋さんよりとてもリーズナブルです。


misonikomi machida 003
こちらは通常メニュー、って言うか通常価格表。
味噌煮込みにニンニク? って思いましたが、結構合うそうです。
ただしランチタイム時は提供されず、無念。


misonikomi machida 006
猛烈な火力で、使い込まれた土鍋を加熱。
歴史を感じさせる、真っ黒に焼け焦げた土鍋を見るだけで旨そうです。


misonikomi machida 004
親子煮込定食990円(税込)。
実は煮え立った鍋を持って来てくれた後に、取り皿代わりの鍋蓋を載せてくれます。
調理中には一切鍋蓋は使っていないようです。


misonikomi machida 005
写真ではあまり伝わりませんが、本当にグツグツと煮えたぎっています。
名古屋の味噌煮込みうどんなので、もちろんうどんのコシは凄いです。硬いです。
だけど本店・総本家さんよりと比べて、硬さも味噌感も8割くらいでしょうか。
もう好みの問題ですが、比較するのが失礼なほど、負けず劣らず旨いです。てかこれが本家です。

店長さんのシャキッとした振る舞い、いやあこれが旨さの秘訣なんでしょうね。
再訪は夜タイムにニンニクを入れていただきたいと思います。

他府県の方が初めて食べると、うどんの生煮え感に驚かれると思います。
これが名古屋の流儀です。煮えていないのではありません。
隠れた名店、名古屋の本物の味を是非。

山本屋町田
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目8-27
TEL:052-222-2538

ブログランキング・にほんブログ村へ

tag : 名古屋

天然とんこつラーメン 一蘭 名古屋駅店@名古屋市中村区

ichiran-001
飲んだ後、ちょっとした小腹を満たそうと、数人でラーメン店を探し、夜道を徘徊する。
すると名駅の真ん前に、かの有名な「一蘭」さんを発見、寒いのもあり迷うことなく滑り込んだ。

地下階の店舗らしく、雑居ビルの狭い玄関をくぐると、階段で暗闇の中へ。
チケット前払い制のためチケットを購入すると、その先には、何やら座席指定する為なのか、「空席案内板」という装置があった。
今から映画でも見ようってのか・・・。

むさくるしい男衆4人で戸惑っていると、店員さんが案内してくれた。
言われるがままに着席。カウンター席オンリーのお店だった。
まあカウンター席でも良い、二言三言、会話ができて、ラーメンがすすれば良しとする。


ichiran-002
着席すると、細かなオーダー希望の用紙の記入を促される。
この時点で、何か違和感を感じていたのだが、まぁ、旨いラーメンを喰うためだ、ペンを走らせる。


ichiran-003
暫くすると、店員さんがチケットとオーダー希望の用紙を取りに来る。

直後、目の前のすだれが滑り落ちる。
カウンターと言っても、両サイドとも壁に仕切られ、個室感満載。
隣人の息吹は感じ取ることができても、全く姿は見えない。
お客さんが来店しようとも、退店しようとも、背後を通るのは感じるのだが、全く顔は合わせない。
おまけに店内はスポットライトと間接照明だけで、まるで暗闇に近い。
そう、これはまるで一昔前のラブホテルだ。
ラーメン喰ってるだけなのに、なにか罪悪感が伴う。これは不思議だ。


ichiran-004
ラーメン890円、ニンニク120円(税込)。
敢えて感想は述べないでおくが、日清チキンラーメンの方が軽く500倍は旨いだろう。

ただわかった事は、閉塞感の中、暗闇で息を殺して喰らうラーメン一杯が、1,010円になった事。
良い社会勉強となった。

こんなラーメンで金取るなんてビックリしたわ!

天然とんこつラーメン 一蘭

一蘭 名古屋駅店 ☆☆☆☆☆(無星)
名古屋市中村区名駅3-25ー6 ホテルリソル名古屋B1F
TEL:052-581-1009

ブログランキング・にほんブログ村へ

H31 新年会 @KKRホテル 名古屋

kkr20190110-01
今夜は、名古屋市中区の「KKRホテル名古屋」にて、関連会社様をお招きしての、恒例の新年会
官庁街の一角に佇み、名古屋城を望む絶景のロケーションのホテルです。


kkr20190110-02
宴会場によっては、ライトアップされた名古屋城を望めたはずなのですが、残念、今回は隣のビルしか見えませんので、カーテンで遮られています。


kkr20190110-12
前菜と椀物。
味噌汁のように見えますが、吸い物の中に大根おろしが散らせてあります。


kkr20190110-33
炊き合わせと刺し盛。
棒ダラと里芋が柔らかく煮付けられています。


KKR20190110-sawara
焼き物の鰆の塩焼き。
この脂の乗った鰆の焼き物が一番旨かったかな。
ビールに合います。


KKR20190110-steak
メインディッシュの牛フィレステーキ。
みんな大好き、やはりお肉は美味しいです。

暗い照明に3世代前のスマホカメラでは、真っ黒に写ってしまいました。


kkr20190110-67
あさりの炊き込みご飯と、ラストのデザート。

和洋折衷のコース料理(@7000)+2時間飲み放題(@2,000) ※税別

親類の披露宴がめっきり少なくなった昨今、居酒屋の宴会も良いですが、たまにはホテルの宴会も良いものです。

KKRホテル名古屋

ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む

tag : 名古屋 新年会

最新記事
過去の備忘録はコチラ

全ての記事を表示する

親愛なる訪問者さま
リンク
プロフィール

Legend

Author:Legend
変化の乏しい平凡なサラリーマン。
重税で楽にならない生活の中で、せめて旨い物でも食べて幸せを感じたい。

FC2でブログを始めよう