HUAWEI nova lite (PRA-LX2) 買ってみた

子供の使用しているスマホ「ASUS ZenfoneGO」がどうも不調らしい。
その時の購入記は コチラ

使用している時はほとんど問題が無いのだが、スリープ状態になると頻繁に再起動を繰り返すそうだ。
それも5~10分おきになるので、「スリープしない+輝度最低」という設定で使っているらしい。

各種設定ミスの可能性も否めないので、まずはしらみ潰しに設定を睨む。
怪しい野良アプリを削除、それでも再起動を繰り返すので、最終手段の端末の初期化をした。
もう、これで治ったと思ったのだがそれでも同じ現象が出るので、これはもう故障としか思えない。

購入して1年経過していないので、製造メーカーの保証期間となるので、早速連絡してみた。
悪名高きASUSのサポート、との噂もあるが思ったより早く連絡がきた。
あれとこれと同梱して送ってくれと素早い指示はとても有り難い。
しかし、その注意点の中に「保証書添付」とある。
もちろん保証書なんてとってあるさ、とタカをくくっていたのだが…。

実はこの端末、MVNO(SIMの契約会社)で端末保証サービスに加入しており、以前に液晶画面割れで再生品と交換している為、シリアルナンバーが製品と保証書とでは違っているのだ。
これは当然「保証外」となってしまう。

といっても充電ある限り再起動を繰り返すスマホ、仕方ないので新規に1台買うことにした。


asus huawei 01
今回選んだのは「HUAWEI nova lite (PRA-LX2)」19,800円(税別)。
紛う事なき中華スマホである。
しかし、iphoneも中国生産であることを考えると、中国製だって悪くはない。
並べたって全く遜色ない。

使用SIMサイズが、microSIM → nanoSIM と小さなサイズに変わってしまう。
大きくなる場合は、非正規品ではあるがSIMアダプターを使う手がある。
だが、今回のケースの様に小さくなる場合は、SIMカッターを使ってちょん切ってしまう強者もいる様だが、さすがにそれは敬遠、MVNOでサイズ変更を申し込む。


asus huawei 02
手前が今回購入した、HUAWEI nova lite。
息子は今回手帳型のケースを選んだようだ。
後は皆さんも同時に購入することが多い、お約束の液晶フィルム。ここに問題がある。


asus huawei 03
おわかりいただけるだろうか?
このスマホ、液晶画面の額縁が滑らかに弧を描いており、きっちりした寸法のフィルムを貼ると、どうしても曲線部分は剝がれてきてしまう。
そしてそのうち爪で引っ掛け、ベロリとめくれあがり最後は裂けて破れてしまうだろう。
まぁ、手帳型のケースなのでそこまで傷を心配する必要もなかろうとは思う。
だが、ジャムトーストを落っことせば必ずジャムの面が下になって落ちるように、スマホも間違いなく液晶面から落ちる。
やはり、液晶は保護するに限る。


asus huawei 04
そこでようやく探し出しました。
平面部しかカバーできない少し小さめのフィルムです。
本来の液晶保護が出来れば、剝がれてくるよりいいんです。
その上、楽に貼ることのできるガラスフィルムではありません。
久しぶりに緊張した中、気泡を抜いて完成です。

故障品は安物ですが今だ現行モデルなので、メーカー修理(ASUS)ではなく、MVNOの端末保証で修理して予備品として保管しようと思います。

各所にiphoneをパクったようなデザインが見え隠れしていますが、余分なオリジナルアプリもほとんどインストールされていないので、とても使い勝手に優れています。
コストパフォーマンスにも優れていて、この価格帯なら2年サイクルで買い替えできるのも強みでしょう。

中華なスマホ、是非おススメです。

HUAWEI Japan

ブログランキング・にほんブログ村へ

tag : スマホ

最新記事
過去の備忘録はコチラ

全ての記事を表示する

親愛なる訪問者さま
リンク
プロフィール

Legend

Author:Legend
変化の乏しい平凡なサラリーマン。
重税で楽にならない生活の中で、せめて旨い物でも食べて幸せを感じたい。

FC2でブログを始めよう