2015年 夏旅行 下呂温泉紀行【その2】

2015 夏旅行 水明館 全景
金山で旨いラーメンを食べてから一走り、下呂温泉へ到着。
本日の宿泊先「水明館」へやってきました。
水明館は大きく分けて4つの棟に分かれているようです。
臨川閣、飛泉閣、山水閣、そして富裕層や要人向け?の青嵐荘です。


2015 夏旅行 エスカレータ
各棟は下階で繋がっていますが、それぞれの棟の温泉階へ行こうとすると一旦はロビー階へ降りてから、再度エレベーターでの移動を強いられます。
宿泊棟だけの入浴なら不便は感じませんが、そこはやはりいろいろと行ってみたい訳で…。


2015 夏旅行 水明館 ウェルカムドリンク2
チェックイン後、部屋に通されると早速饅頭と抹茶ドリンクでおもてなしを頂きます。


2015 夏旅行 部屋食
夕食は部屋食と言うことなので、テーブルを連結しテーブルクロスを敷いてもらいます。
個人的には、部屋食<食事処<バイキング なんですがね。


2015 夏旅行 お品書き
本日のお品書きです。
果たして、バイキング好きの私を満足させることのできる量が提供されるでしょうか…。


2015 夏旅行 生中
何と言ってもまずはコレに尽きます。
夏の日差しで干からびた身体が、歓喜の声を上げます。


2015 夏旅行 先附
前菜。
陸蓮根金山漬、鱧寿司、姫トマト。
鱧は骨が多いので好んでは食べませんが、今回のお寿司の骨問題はクリアされていました。


2015 夏旅行 水明館 椀替り
椀替り。
鱧料理が続きます。茗荷がアクセントになっています。


2015 夏旅行 造里
造里。
鱸、烏賊、カンパチのお刺身です。
山の温泉宿で頂くお刺身です。山の中なので期待はしていません。
はい、それなりです。


2015 夏旅行 温物
温物。
賀茂茄子利休煮。
甘い味噌がけになっています。


2015 夏旅行 焼肴
焼肴。
鮎塩焼です。
こんがりを超えて、かなり水分が飛ぶまで焼かれています。
そのせいか、頭の先から尻尾までおいしくいただけます。


2015 夏旅行 冷鉢
冷鉢。
車海老や、椎茸の炊いたものです。
卵の黄身の様な物が乗せられています。


2015 夏旅行 強肴
強肴。
待ってました飛騨牛のステーキです。
美味しいです。
美味しいですが、特筆すべき事はありません。普通の肉です。
コレをおかずに白飯を食べました。


2015 夏旅行 水物
水物。
スイカ、マンゴーにココナッツミルクがかけられています。

全終了です。食事時間は、18:30~21:30でした。
これだけの料理を、3時間掛かって食べたことになります。
もう途中でテーブルを端に移動させて、横になってTVを見てやろうかと思ってしまうほど展開が遅く、大変残念でした。
やはり私にはバイキングが向いていますね。


2015 夏旅行 売店
何を食べたかわからないくらい遅かったので、売店の土産物の試食で腹を落ち着かせました。


2015 夏旅行 夜玄関
エントランス前で。
気のせいか、エントランス前の屋根付き駐車場には、高級外車とレクサスがズラリ。(もちろん宿泊客の)
遠くの奥まったところには、いわゆる一般大衆車が駐車されています。
何か魂胆があるのでしょうか?

天下屈指の下呂温泉、美味しいものを鱈腹食べて世は更けて行きました、とさ。

下呂温泉 水明館

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

今回もオチが見事ですね<(_ _)>

No title

>waka 様
毎度の訪問ありがとうございます。

つまみと缶ビールを売るために、控えめな量がいいですね。
見栄えの良い会席もいいですが、「ホテルまで来てカレー??」のガッツリバイキングも「アリ」ではないかと感じています。
最新記事
過去の備忘録はコチラ

全ての記事を表示する

親愛なる訪問者さま
リンク
プロフィール

Legend

Author:Legend
変化の乏しい平凡なサラリーマン。
重税で楽にならない生活の中で、せめて旨い物でも食べて幸せを感じたい。

FC2でブログを始めよう