HUAWEI(ファーウェイ) P8LITE ALE-L02 買ってみた

p8lite 箱
キャリアケータイの更新月を来年早々に控えて、MVNOへ移行するために、SIMフリースマホを物色。
先日、相方はASUSのSIMフリースマホを先行購入している。

ASUS Zenfone2 Laser 購入記事

私の方はと言えば、同じものを買っても面白みに欠けると言う事で、思い切って中華スマホを買ってみた。
立派な日本ブランドのスマホでも、組み立てているのは中国が多いので、それじゃあ、更っから中国で作っている物は? と興味がある。
まぁ、キャリヤ物と違って保障関係は無いに等しいが、壊れてしまった時はSIMカードを差し替えることによって、中古スマホさえあれば再スタートできるという強みはある。
思い切って人柱を買って出た。

なにか高級ブランド品を思わせる、真っ白な箱に金文字の入った装い。


p8lite 縦
上蓋を開けると、まっすぐ縦に刺さっていた。
これも初めての体験。


p8lite 開封
実機を見ず、いきなりのネット購入なので、ある意味冒険だった。
購入価格は27,792円(税込)。どこもほとんど定価から値引きはしていない。


p8lite 充電
第一印象は、値段の割に背伸びした結果、全体的にプラスチッキーな質感。
アメリカの林檎ブランドを間違いなく意識した薄型平面デザインとなっている。
意識すると言ってもかなりパクリに近いかと…。

一応、頭脳は最新鋭のオクタコア(内部的に8つのCPU処理)を採用。
RAMは2GB、ストレージは16GBと無難な容量。
ハードなゲームアプリは無理だけど、おじさんがLINEとパズルをする分には申し分ないだろう。
SIMカードを入れての、本格運用は来年1月。
不具合があれば追って報告する。たぶん不具合多いだろうなぁ…。

iPhone信者の様に、発売する度に10万円もする端末が買えない方は是非。

Huawei JAPAN

ブログランキング・にほんブログ村へ

tag : SIMフリー HUAWEI

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
過去の備忘録はコチラ

全ての記事を表示する

親愛なる訪問者さま
STARBUCKS COFFEE
リンク
プロフィール

Legend

Author:Legend
変化の乏しい平凡なサラリーマン。
重税で楽にならない生活の中で、せめて旨い物でも食べて幸せを感じたい。

FC2でブログを始めよう