初体験! 人間ドッグ受けてみた@名古屋市中区

人間ドッグ1 全景
今日は、名古屋市中区の「中日病院」さんで、人生初の人間ドッグを受診してみました。
アラフォーの我が体にも、そろそろ疲れが現れて来る頃ですので、一泊二日の「大腸・胃カメラコース」でお願いしました。
早朝8:15までに来てください、ってんで眠い目をこすりながら到着。


人間ドッグ1 廊下
受付を済ますと、今晩宿泊する病室へご案内。
健診専用のエレベータで上ると、1フロア2室の病室へ到着。
ちなみにガラスドアの向こう側は、一般病室となります。
人間ドッグ専用の病室2部屋を、ぐるっと一般病室で取り囲んだ作りになっています。


人間ドッグ1 病室 
病院なのでナースコールはあるものの、設備を見渡すとまるでビジネスホテルの様です。
先ほども述べましたが、一般病室に囲まれた作りなので、窓からは中庭のみ。
外の景色は全く見えません。

ちなみに、内視鏡検査のない一泊二日コースの方は、対面のホテル「アイリス愛知」での宿泊。
内視鏡検査で急遽切除した場合の、予後観察を考慮している為と思われます。


人間ドッグ1 TV
一般病室の方に窓からの景色を譲った(?)分、テレビは視聴料込みとなっています。
つまりテレビカードは不要です。


人間ドッグ1 冷蔵庫
しかも、冷蔵庫には飲み物が…。
そう、人間ドックは健康保険の効かないVIP料金ですからね。


人間ドッグ1 下剤
各種検査を巡った後は、大腸カメラの前処理に入ります。
スポーツドリンクに塩が入ったような下剤を、1時間かけて1Lくらい飲みます。
ビールならあっという間に飲み干してしまう量ですが、これは早くても遅くてもいけません。
時間をかけて、便意を楽しみながらいただきます。


人間ドッグ1 中間食
無事に大腸カメラを済ますと、お腹のガスが少しずつ抜け出す(約1時間)頃、軽い食事「中間食」が提供されます。
これが16:00ですので、昨夜21:00の絶食から約19時間ぶりの食事となります。
検査で緊張していたので、さっきまで空腹感を感じることはありませんでしたが、検査が終わるとやはり腹ペコなのに気が付きます。
温かなパンが旨い!


人間ドッグ1 夕食
そして18:00、待望の夕食と対面です。
病気ではないので一般食となりますが、そこは病院です。

味が薄い! 脂分少ない!

脂質のない、何だかパサパサしていかにも健康食。←当たり前。
どれだけ毎日、塩分の多い食事をしているか思い知らされます。
それでも量はしっかりとありましたので満腹です。

翌日には朝一で胃カメラが控えているので、再度21:00以降は絶食です。

実は人間ドックが初めてなだけで、大腸、胃とも内視鏡自体は経験済みでした。
胃カメラはもう7年前くらいに検査したんでしょうか…、明らかにカメラが細くなっています。
というのも、今回もカメラは口から挿入したのですが、鼻から挿入するのも同じカメラだそうです。
ですから細いカメラなんですね。以前は経鼻挿入はやってませんでしたからね。
医療機器の進歩でしょう。間違いなく苦しさは半減していました。

ちなみに前回の大腸検査の模様は コチラ

最後に、医師から検査結果を20分くらいかけて説明があります。
考えてみれば、ここまで長々と医師と話すなんて初めてです。
普通の診察なんて5分がいいとこですよね?
丁寧に検査結果について説明していただけました。さすが「有料」のVIP待遇です。

会計時には、絶食のご褒美として「アイリス愛知」「セントラルパークANNEX」「全国共通すし券」のうち、お好きな所の食事券1,500円分を頂戴して帰宅となりました。

人間ドッグとなると結構高価となりますが、ご加入の健康保険でいくらか負担してもらえる所が多い様です。
健康第一で楽しい生活を送るためにも、是非とも受診してはいかがでしょうか?

中日病院

ブログランキング・にほんブログ村へ

tag : 人間ドック 胃カメラ 大腸カメラ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
過去の備忘録はコチラ

全ての記事を表示する

親愛なる訪問者さま
STARBUCKS COFFEE
リンク
プロフィール

Legend

Author:Legend
変化の乏しい平凡なサラリーマン。
重税で楽にならない生活の中で、せめて旨い物でも食べて幸せを感じたい。

FC2でブログを始めよう