Panasonicマルチメディアポート ブースター交換

季節外れの落雷。
瞬停と同時にTVが映らなくなった。
一瞬TVが壊れたかと思ったが、画面には「電波が来ていない」との表示が出ている。
大型TVが安くなったとはいえ、とりあえずTVの故障では無いようなのでひと安心。


ブースター故障001
我が家はPanasonic製のマルチメディアポートを設置している。
「共同アンテナ+ISDN」というソースを全部屋で使用できるというシステムで、当時としては最高設備を誇っていた。
現在はソースの変更とともに該当ユニットを交換し、なんとか「CATV+CATVインターネット1000M」に対応させている状態だ。
正確に言うと、インターネットHUBユニットが100M対応品しか装着していないので、有線ネットは文字通り100Mで頭打ちとなっている。
25,000円ほどで1000M対応品に買い替える事もできるのだが、子供たちはWiーFiで十分だというし、それならと言う事で現在はHUBを介さず、自分のPCのみを直結して1000Mを堪能している。


ブースター故障002
で、本題。
まずは家中のTVが映らなくなったと言う事で、一番疑われるブースターを点検してみた。


ブースター故障003
電源ランプ消灯、ブースターに煙の上がったような痕跡を発見。
ブースターから同軸ケーブルを取り外し、TVに直結接続したところ見事にTV放送が復活、原因はブースターと判明した。


ブースター故障004
同等の代替品を調べたところ、全くの同等品はもう製造されていないようで、ちょっと高性能な商品が見つかった。
マルチメディアポート用分配機能付きブースター 故障品(WTJ6406)→代替品(WTJ6518)

こういう電設部品は大手電機店へ行っても店頭販売などなく、間違いなく取り寄せしかないので、ネット販売で早速購入。
最安値店 コネクトオンライン で、定価55,620円(税込)のところ33,769円(税込)で購入できた。


ブースター故障005
電気工事士の有資格者でないと工事が出来ない、と断りはあるが自己責任で交換。
AC100V線(裸線)の抜き差しだけなので、漏電ブレーカーで電気を遮断して作業すればそこまで臆する必要はない。

電源ONで、各部屋とも問題なくTVが映りました。

ただ、CATVからのアンテナレベルが相当高く(TVで確認すると97)、利得調整をしてもなかなかレベルが下がらない(調整後86に設定)。
と言う事は、高価なブースターを取り付けせずとも、ただの分配機だけで良かったのではないかと思う。
結局、「そういうユニットを取り付けした家なので修理した」ということになるのだろう。

Panasonic マルチメディアポート

ブログランキング・にほんブログ村へ

tag : テレビ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
過去の備忘録はコチラ

全ての記事を表示する

親愛なる訪問者さま
リンク
プロフィール

Legend

Author:Legend
変化の乏しい平凡なサラリーマン。
重税で楽にならない生活の中で、せめて旨い物でも食べて幸せを感じたい。

FC2でブログを始めよう