FC2ブログ

鯖街道で鯖寿司食べてみた@若狭熊川宿

wakasakumagawa - 001
夏休みの終わりも迫った今日、福井県と京都を結ぶ通称「鯖街道」熊川宿へやってきました。
鯖街道とは、福井県の若狭湾で捕れた鯖などの魚介類を、京都の中心部まで運ぶルートの事です。
運ぶと言っても昔はもちろん徒歩。
距離も相当あるので、鯖を塩で締めて運んだそうです。
そのルートの途中にある宿場町「熊川宿」を、道の駅に駐車して散策してみます。


wakasakumagawa - 002
道の駅から熊川宿へ行く道が続いています。


wakasakumagawa - 003
休日と言うのに人がまばら、と言うかほとんどいません。
イベントでもやっていれば違うのでしょうが…。


wakasakumagawa - 004
観光も勿論なのですが、私の目的はコレ。
食い気一番、やはり鯖が食べたいですね。


wakasakumagawa - 005
葛と鯖寿司の「まる志ん」さんへお邪魔します。


wakasakumagawa - 006
もともと歴史のあるお店なのか、古民家再生したお店なのかはわかりません。
奥の座敷席へ通して頂きましたが、田舎のお婆ちゃんのおうち感が一杯です。


wakasakumagawa - 010
他にも葛を使ったスイーツがたくさんありました。
鯖と葛が有名な熊川宿、やはり外すわけにはいきません。


wakasakumagawa - 007
ざる葛そば800円(税込み)。
コシのある蕎麦ですが、特に「葛」の感じは感じられません。


wakasakumagawa - 008
おろし葛そば800円(税込み)。
福井県は大根おろしで蕎麦をいただくスタイルが定番です。


wakasakumagawa - 009
鯖寿司3,000円(税込み)。
お目当ての鯖寿司は、酢締めが弱く、血合いの成分が若干残っていました。
もうちょっときつく締めてほしいところですが、風味がなくなってしまうのでしょうか。
しかし、国産鯖は肉厚で旨い。鯖好きならいくらでも食べられそうだ。


wakasakumagawa - 011
散策の後は道の駅へ。


wakasakumagawa - 012
鯖寿司はもちろん、地場産の野菜や豆腐も販売されていました。

南側からのアクセスのため、マジで凄い山の中にある宿場町だという印象だったのですが、熊川宿から北側はすぐに視界が広がり、町も見えてきます。
大阪方面からは、高速を使う方は若狭湾(北側)からのアクセスが良いかと思います。
特に冬場は南側からの山中ルートは、道幅は十分広いのですが、積雪で絶望的かもしれません。

人力で運ぶ遠い昔の方の姿を浮かべながら、旨い鯖寿司を食べに行ってはいかがでしょうか?

若狭鯖街道熊川宿

ブログランキング・にほんブログ村へ

tag : 鯖寿司

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
過去の備忘録はコチラ

全ての記事を表示する

親愛なる訪問者さま
リンク
プロフィール

Legend

Author:Legend
変化の乏しい平凡なサラリーマン。
重税で楽にならない生活の中で、せめて旨い物でも食べて幸せを感じたい。

FC2でブログを始めよう