FC2ブログ

天ぷら 天美巧(てんびこう)@名古屋市西区

tenbikou - 001
今日はちょっとした記念日ということで、お昼から贅沢な会食を。
名古屋市西区の円頓寺商店街のすぐそば、「天美巧(てんびこう)」さんへお邪魔しました。

こんなところにお店があったのか、と思わせるモダンな店構え。
朝晩周辺を歩くことが多いのですが、案外気が付かないものです。


tenbikou - 003
コンクリート打ちっぱなしの床が、良い感じです。
ディナータイムに来たら、それはもう薄暗く、間接照明で雰囲気が良いのでしょう。


tenbikou - 002
不自然に小上がりになっているところや、外観から見て、古民家再生の印象を受けます。


tenbikou - 004
本日はランチコース(5,000円)。他にも7,000円と9,000円のコースがあります。

まずは鯛の塩辛、沖縄産?のもずく酢、鴨のローストです。


tenbikou - 005
何かの植物の茎なんでしょうが、長年生きてきましたが初めて口にします。
シャキシャキした歯ざわりと、穴でスケスケになった中身。
そう、蓮の茎の吸い物です。


tenbikou - 006
鯛と帆立のお造り。
ワサビの隣にある小さな刺身が何の魚かわからず、お尋ねしたら岩塩だそうです。
さっきの蓮と言い、岩塩と言い、この楽しい不意打ち感には、かの海原雄山も苦笑いでしょう。


tenbikou - 007
キスとピーマンの天ぷら。
赤いものは海老?と思ったら、パプリカでした。
コストを抑えてますね(笑)


tenbikou - 008
茶碗蒸しの冷製?


tenbikou - 009
再び天ぷらが出てきました。
サクサクの豚ヒレ肉(1個)の天ぷらが旨い。
天つゆだけではなく、抹茶塩やトリュフ塩が出てきました。
各所で小技が効いていますが、市販の麺つゆでもいいので、イカや海老の1本でも出してくれた方が嬉しい。

産地の良いサツマイモなんでしょうが、満腹感を出すためだけです、きっと。


tenbikou - 010
鰻天ぷらの茶漬け。
高級食材なだけあってかなり小さめ。
これなら、野菜とむきエビのかき揚げ丼でも出してもらった方がいいかな(庶民派でスマン)。


tenbikou - 011
ゆずシャーベットで締め。

高価な食材とチープな食材の差があまりにもあり過ぎ。
高級店だからしょうがないかもしれないけど、変化球は夜のコースだけでいい。
昼間のメニューは、スーパーの天ぷらと同じ様な「海老・イカ・紫蘇」の定番食材で満足感が欲しいですね。
ちなみにコースではなく、ランチ御膳(900円)には海老天、付いているようです(悔)

夜はわかりませんが、隠れ家とはいえランチタイムで、お客は我々だけ。
これではリピートはキツいかなぁ、ビールも高いし。
最も安いランチコースでしたので仕方ありませんが、それでもチョイ贅沢な5,000円です。
ビンボーサラリーマンは、大陸系中華店が向いてますね、ヤッパシ。

食べ終わった後、「デカい芋喰って満腹」しか印象に残らなかったランチでした。
それでも綺麗なお店なので、女性向かもしれません。今後に期待ですね。

天ぷら 天美功

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
過去の備忘録はコチラ

全ての記事を表示する

親愛なる訪問者さま
リンク
プロフィール

Legend

Author:Legend
変化の乏しい平凡なサラリーマン。
重税で楽にならない生活の中で、せめて旨い物でも食べて幸せを感じたい。

FC2でブログを始めよう