社員食堂

店員
こんな感じの社員食堂で20年余りお世話になってきた。
老朽化という節目を迎え、厨房もろとも改修する運びとなった。
業者もお役御免となり、営業形態も一新されるであろう。


社食
時代は変わろうとも定番のメニュー、そして社食といえども頑なに守られてきた味…。
ラーメン150円は経営者の譲れない一線であったと思う。
これ以上の物が果たして我々の目の前に再び現れるのだろうか…。
ちなみに竹輪天は120円のわが社を代表するベストセラーである。


勝利亭
食堂改装中は、否が応でも自分で腹ごしらえの方法を考えねばならない。
まず思いつくのはやっぱ外食。
名古屋市はアーケードでその名を馳せる「円頓寺商店街」へやってきた。
有名店がひしめく中、今日は「レストラン勝利亭」へお邪魔しました。


勝利亭店内
レトロな店内がいい雰囲気を醸し出している。ウェイトレスもオーダーがなかなか決まらない私に業を煮やしてTVに夢中である。
メニューも豊富で散々迷った挙句、名物「オムライス」を注文。しかもお約束の「大」。
待つ事10分、お待ちかねのオムライスが登場である。


オムライス
聞くことによるとこのオムライス、卵3個を使っているらしい。どうりで厚みがあってフワフワしている筈だ。
大盛りなので確かに普通サイズよりは大きいのだろうが、これで1050円は高い。サラダもスープもつかないのに、だ。
でも味は確かにいけてる。さすがに有名店だけの事はある。是非お勧めできる逸品である。


西アサヒ
食事の後はやはりコーヒーが飲みたくなる。普段からこんな生活をしているのでつまようじを咥えたら即座に体が欲求する。
まさに「パブロフの条件反射」だ。
早速、喫茶店「西アサヒ」に滑り込んだ。


西アサヒ店内
この店もこの界隈では有名店、タマゴサンドイッチが分厚いらしい。
食事の後なので割愛したが、次回はチャレンジしたい。
年期の入った店で 調度品のすべてが耐用年数をはるかに超えている。油断をすると座ったとたんに往年の加藤茶のように尻から転げ落ちないか心配だったが、そんな心配は杞憂であった。


きたなシュラン
それもそのはず、この店は「きたなシュラン」の認定を受けていた。納得である。しかも★★★。
雑誌各誌の取材をはじめ、TV放送も何度もある紛れもない名実ともに名古屋を代表する飲食店であった。

今日はなんやかんやで1時間超の昼食タイムであった。
食堂の再開までまだ2カ月。毎日食べるのを考えるのも悪くない気がした。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
過去の備忘録はコチラ

全ての記事を表示する

親愛なる訪問者さま
リンク
プロフィール

Legend

Author:Legend
変化の乏しい平凡なサラリーマン。
重税で楽にならない生活の中で、せめて旨い物でも食べて幸せを感じたい。

FC2でブログを始めよう